2011年10月27日

パントガール治験の結果その@

合計47例の患者が試験に組み入れられ、30例(活性化合物群15例とプラセボ群15例)が試験を完了した。

合計17例の患者が下記の理由で試験を中止した:
脱毛に対する他の治療の開始(エストラジオールの局所投与;プラセボ群1例)又は脱毛を引き起こす可能性がある薬剤の使用(デソゲストレル、抗てんかん薬、ビタミンA、β遮断薬;4例すべて活性化合物群)、カプセルの盲検解除を個別に行った患者(3例すべてプラセボ群)、その他のノンコンプライアンス(活性化合物群3例)、熱性疾患の併発(2例、プラセボ群1例と活性化合物群1例)、妊娠の併発(プラセボ群1例)、自己免疫疾患の併発(活性化合物群1例)、消化器不調(活性化合物群1例)、膵酵素増加(活性化合物群1例)。

試験を完了した患者の年齢範囲は、活性化合物群では38〜61歳(平均:51歳)、プラセボ群では25〜61歳(平均:46歳)であった
posted by pantogar at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | パントガール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49420668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック